証券優遇税制、見直しへ議論=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日の衆院予算委員会で、上場株式の配当・譲渡益の税率を本来の20%から10%に軽減している証券優遇税制について、「格差が助長されるという気持ちは分からないわけではない。見直すべき時が来ると思っている。政府税制調査会でもしっかりと議論されるべきだ」と述べ、見直しに向け議論を進める方針を示した。佐々木憲昭氏(共産)への答弁。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏「これ以上の説明はない」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

<中医協答申>病院勤務医を重視 4月実施(毎日新聞)
16億7千万脱税容疑、コリンシアン元社長を逮捕(読売新聞)
日ごろ世話になった針を供養 東京マスダ学院(産経新聞)
平松市長「大都市圏州を」 橋下構想に対抗する狙い(産経新聞)
鳩山氏「友愛」実現まではひと山ふた山も(産経新聞)
[PR]
by mbrpmmoplj | 2010-02-15 12:41
<< HIV抗体検査・相談件数が減少...