HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)

 2009年のHIV抗体検査数と相談件数が08年と比べて、それぞれ約2万7000件、3万7000件減少したことがこのほど、厚生労働省のエイズ動向委員会の年間報告(速報値)で分かった。2月12日の記者会見で厚労省の担当者は、検査数の減少について危機感を持っているとしたものの、今後については「どのようにするかは検討中」と述べた。

 速報値によると、09年の新たなHIV感染者は1008件、AIDS患者は420件で、いずれも過去最高だった08年の1113件、432件を下回った。
 感染経路は、同性間性的接触が約68%で、異性間性的接触が約21%だった。また、AIDS患者については、同性間が約48%で、異性間が約30%だった。

 保健所などで行われたHIV抗体検査は15万252件(前年17万7156件)、相談は19万3271件(同23万91件)だった。

 岩本愛吉委員長(東大医科学研究所教授)はこれらの減少について、「新型インフルエンザの影響を受けた可能性は否定できない」としている。


【関連記事】
エイズ対策、働き盛り世代にも啓発を−東京都
HIV、AIDS報告の35%が都内に集中
HIV感染、過去最多を更新
患者参加で「患者本位の医療」を実現する
エイズの社会的な理解促進を−東京都

<小沢幹事長>「政治塾」の冬季講義始まる 60人が参加(毎日新聞)
日本国籍者に限定 参政権問題で提言 国家基本問題研(産経新聞)
IMFなどに報告書提出=G20の政策相互評価で−政府(時事通信)
アルツハイマー型認知症治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
<ラジオ13局>ネットで番組配信本格化へ(毎日新聞)
[PR]
by mbrpmmoplj | 2010-02-16 13:22
<< JR高円寺駅 転落女性を救助 ... 証券優遇税制、見直しへ議論=鳩... >>